陰部を白くすることはマナー!

こんにち!管理人のアヤです。女性に悩みはつきものですが、特に陰部を白くしたいなど、人に言えないデリケートゾーンの悩みは多いのではないでしょうか?

 

私も以前は陰部の黒ずみに悩んでいて、かわいい水着を着たくても黒ずみが気になって着れなかったり、彼に見られたらドン引きされないか心配になったりと、すごくコンプレックスでした(;´Д`A

 

陰部を白くできた女性

そこで私は、陰部を白くするために色んな方法を試行錯誤して、やっと納得できる効果が出るようになりました。今日は私の実践している陰部の美白方法を紹介しますね!

 

 

もともと黄色人種である日本人は色素沈着しやすい人種です。だからといってアソコが黒ずんでいるのはツライですよね(涙)

 

知恵袋などを調べてみたら、付き合っている彼と“イザ”という時になって、彼に陰部の黒さを指摘されてショックを受けた女性も多いようです。もちろん彼もショックでしょう。

 

やっぱり陰部が黒いと、彼には“遊んでいる女”“ヤリマン”のような印象をもたれて勘違いされやすいんです!

 

男性はピュアな女性が好きです。大好きな彼にショックな思いをさせてはいけません!

 

男性は黙っていることも多いですが、やはり黒ずんでいるのを見るとショックを受けている場合は多いです。そしてキレイな陰部だと喜びます(マニアは除きます・・・)。女性にとっては陰部を白くすることもマナーの一環と考えた方が無難ですよ。

 

おすすめの陰部の黒ずみ除去クリームを見る

 

そもそも黒ずみの原因は?

まず1番よくいわれる黒ずみ原因は、下着との摩擦、下着のゴムの圧迫でしょう。

 

とにかく陰部はデリケートゾーンともいわれるように、非常にデリケートな部位です。下着との摩擦、下着のゴムの圧迫くらいでもメラニン色素が沈着します。

 

陰部はメラニンを生み出す細胞が多い部分だと考えてください。

 

メラニン色素が沈着=肌が黒ずむ

 

ということです。

 

また勘違いしている方も多いですが、陰部をキレイにしようと思ってゴシゴシ洗うと逆効果です。肌に余計な刺激を与えてしまい、メラニンを発生させ、陰部が黒ずんでしまいます。

 

最近流行りの光脱毛も、場合によってはヤケドから黒ずみの原因になるといわれています。

 

肌は何かの刺激を受けたときに、それを保護しようと働いてメラニン色素を出し、だんだん黒くなってくるんです!陰部への刺激は極力避けるようにしてください!

 

最重要!陰部のメラニンの生成を抑えること

陰部の黒ずみの原因をまとめると、お肌のダメージと、過剰なメラニン色素発生による色素沈着です。

 

これを改善するには、

@メラニンの生成を抑える
A肌荒れを抑えること ・・・が重要です。

 

そして最重要事項の「メラニンの生成を抑える」には、陰部専用の美白クリームを使うのが1番効果的です。専用の美白クリームは、メラニンを抑える天然由来成分が配合されているからです。

 

特におすすめの陰部用の美肌クリームを紹介しますね。

イビサクリーム

薬用イビサクリーム
※一番最初に試すといい黒ずみ専用クリーム!

日本で一番人気のデリケートゾーン用美白クリームです。まず最初にイビサクリームを試すことをオススメします。デリケートゾーンに特化している美白クリームは珍しく、一度は試す価値アリです。

イビサクリームは医薬部外品で、効能効果が“美白”です。肌荒れを抑えるグリチルリチン酸2Kも配合。しかも赤ちゃんにも仕えるほど肌に優しく、敏感肌の方でも安心できます。

>>イビサクリームの公式サイトはこちら

 

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム
最近人気が出てきた黒ずみケアクリーム。300名のモニターの94.8%が高評価で、モンドセレクションの認証を受けたクリームで、お試し候補にいれてもいいと思います。

>>ホワイトラグジュアリープレミアムの公式サイトはこちら

 

 

イビサクリームのポイント

 

▼イビサクリームの特徴
・とにかく「美白」にこだわって開発された!
・無臭を徹底しています!
・パッケージは普通の化粧品と同じようなデザイン!
・化粧品よりもランクが高い医薬部外品!
・アレルギーテストも当然実施!
・肌に合わなければ返品・返金も可能!

イビサクリームの3ポイント

二つの薬用成分で美白x肌荒れ防止

トラネキサム酸

黒ずみを薄くし、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す成分。美白を促す。

グリチルリチン酸2K

お肌のニキビ、荒れを防止。沈静化しお肌を整える成分

※黒ずみの原因はメラニン。トラネキサム酸はそのメラニンを作るところに働きかける作用があります。根本のところから黒ずみを防止するから、より効果が期待できます。

 

6つの美容成分をたっぷり配合

ヒアルロン酸、ローズ水、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、大豆エキス、カモミラエキス

 

香料・着色・鉱物油・パラベンは一切不使用

女性の大切な部分に使うものだから、不要なものは配合しておりません。
お肌に優しい処方です。

 

さらにイビサクリームが凄い理由

イビサクリームは資生堂の看板商品「HAKU」と同成分のトラネキサム酸を使用しています。黒ずみ対策・美白のために「HAKU」を買うなら、イビサクリームを買ったほうが、半額ですみます。しかも成分や期待できる効果は同じ!

 

>>イビサクリームの公式サイトはこちら

 

 

毎日の陰部をキレイに。肌荒れを抑える

 

また即効性はないですが、肌荒れを抑えて、土台をキレイにしておくことも大切。できるかぎりアソコは清潔に保ってください。なるべく専用の固形石鹸で洗うようにしましょう。

 

ただし陰部は無理にゴシゴシ洗い過ぎないこと。泡で刺激しないように優しく洗ってください。

 

常に陰部をキレイな状態にしておくことで、アソコの肌荒れも防げます。基本的には、毎日お風呂に入ったときに専用ソープでアソコを洗ってあげることです。

 

以下にオススメのデリケートゾーン専用ソープをあげておきますね。使ってみるとわかりますが、一般的な石鹸とは全然違いますよ。

 

ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ・ハーバルソープは、デリケートゾーンの黒ずみと臭いに特化したネットでバカ売れの人気ソープです。インドネシアに伝わる伝統薬のジャムウを使ったものです。

 

余計な成分を除外しているらしく、最初は泡立ちにくく感じますが、使ってみると陰部を保護してくれるような感じもします。


 

陰部を白くする方法のまとめ

使用の注意点

陰部を白くするクリームも、塗ればすぐに美白できるというものではなく、根気強く毎日使わないといけません。もちろん効果には個人差がありますが…。

 

また、せっかく効果的な美白クリームを使っても、自分の習慣が変わらないとなかなか効果は実感できません。

 

ゴムのきつい下着をつけたり、陰部を無理にゴシゴシ洗ったりすることは止めましょう。下着は繊維が自分の肌に合わない場合もあります。

 

【注意】昔から色素沈着を改善するものとしてハイドロキノンがありますが、ハイドロキノンは肌トラブルも多い成分です。炎症も起こりやすいので、長期の使用はおすすめできません。

 

整形外科の手術はちょっと・・・

あまりオススメはできませんが、整形外科で黒ずんだ性器を切除するという手術もあります。もちろんリスクもあります。個人的には、多少黒ずみがあるよりも、手術跡が残っている方が男性はひくと思います。

 

気にしすぎないことも大切

最後に、陰部を白くしたいのは女性なら誰もが思うことですが、ある程度しっかりとケアした後は、あまり気にしすぎないことも大切です。

 

彼氏とベッドに入れないと悩む前に、できる黒ずみ対策をしっかりやっておけば、だいぶ自信がついてきます。

 

もともと陰部はホルモンの影響で、誰でも黒ずみやすい部位です。全くお手入れしないのは絶対にNGですが、専用ソープで洗ったり、専用クリームで塗るなどしていれば、それで十分だと考えましょう。

 

ある程度黒ずみが薄くなるくらいの効果はありますので。